ボランティアとファシズム 池田浩士著 社会縛る「強制された自発性」

2019/8/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2016年のデータによると、10歳以上の日本国民のうち、過去1年間になんらかのボランティア活動を行ったものは26%に及ぶという。公共の分野に自発的に無報酬でみずからの力と技能を提供する、という意味でのボランティアが大きな話題となり「ボランティア元年」ともいわれたのは、阪神・淡路大震災のときである。著者は、そのことをふまえたうえでボランティアの歴史をたどる。

出発点に置かれるのは、いまひとつの大震…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]