/

この記事は会員限定です

新全体主義の思想史 張博樹著

現代中国の思潮 明快に分析

[有料会員限定]

人はなぜ生きるのかを考えるように、国家や会社などあらゆる組織体もその存在目的を求める。そこに必要なのは思想、理念、哲学である。まもなく建国70年を迎える中華人民共和国とその支配者である中国共産党も同様であり、統治のための正統性を語らねばならない。

本書は、政治・経済状況以上に混沌(カオス)の海に漂う中国知識人の今日的思潮を明快かつ批判的に論じた大著である。著者は現在中国を離れて米国に暮らしており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン