/

この記事は会員限定です

現代貨幣理論MMTは実現可能か 国民の納得・生産性向上課題

白井さゆり 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○「日本は既にMMT実践」との見方は誤解
○高インフレ時の機動的な増税は障壁高い
○低金利の長期化による市場のゆがみ軽視

現代貨幣理論(MMT)は「政府が財政赤字を悪化させても、自国通貨建て借金ならば債務不履行には陥らない」と主張する。米国史上最年少の女性下院議員(民主党)に就いたアレクサンドリア・オカシオコルテス氏が同理論を基に、教育・医療や地球温暖化対策などの政府支出を増額すべきだと主張し注...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2626文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン