/

この記事は会員限定です

記憶の空間(5) 辰野金吾「東京駅」

東京大学教授 羽藤英二

[有料会員限定]

100年を超えて未来へとその機能を継承することは可能だろうか。

官設鉄道の起点新橋駅と、私鉄の日本鉄道の拠点だった上野駅を結節させる鉄道建設が東京市区改正条例によって立案された。1914年に開業した中央停車場は東京駅と名づけられる。どことなく、2004年にユネスコ世界遺産に登録された1888年建造のチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅に造形が似ているのは、設計したF・W・スティーヴンスが辰野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン