/

この記事は会員限定です

三味線聴いて健康に 江戸にもあった「音楽療法」

「日本人には日本の歌舞音曲を」の説も 光平有希

[有料会員限定]

病気の治療や予防に音楽を役立てる「音楽療法」は、認知症や脳の疾患による後遺症の治療、発達障がいへの対応など、医療現場に広く取り入れられている。音楽を聴くだけでなく、患者が楽器を演奏したり歌ったりすることで、症状を和らげたり心身の発育を促したりする効果を見込む。

日本の音楽療法の起源については、1950年代後半、米国など西洋の療法の模倣から始まったという捉え方が主流だった。だが、江戸や明治の文献、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン