/

この記事は会員限定です

プラごみ汚染 どう防ぐ(複眼)

ブリュヌ・ポワルソン氏/淡輪敏氏/磯辺篤彦氏

[有料会員限定]

身の回りのプラスチックが深刻な環境汚染を引き起こしている。6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)では、海洋に流れ出るプラスチックごみを2050年までになくすことで合意した。生活を支えるプラスチックをどう使いこなすのか。様々な立場の専門家に聞いた。

◇ ◇ ◇

「大胆な削減」へ法整備 仏環境副大臣 ブリュヌ・ポワルソン氏

欧州は廃プラスチック処理の方法の一つとして、これまでアジアに輸出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン