/

この記事は会員限定です

シルクだけじゃない 飼って知る「野蚕」の魅力

東京・深川にミュージアム開設 坪川佳子

[有料会員限定]

シルクといえば、白い楕円体の繭を作る蚕が思い浮かぶだろう。しかし屋内で育てる蚕(家蚕(かさん))のほかに、絹糸(けんし)昆虫(糸をつくる虫)の仲間は約10万種もいる。野外の蚕なので「野蚕(やさん)」と総称され、絹糸はワイルドシルクとよばれて珍重される。私はその一種を東京都内で育てながら研究し、自前のミニ博物館も開いている。

野蚕は世界各地で利用されてきた。日本では長野・穂高に美しい緑色の絹糸をつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン