/

この記事は会員限定です

記憶の空間(2) 「嘆きの壁」

東京大学教授 羽藤英二

[有料会員限定]

繰り返された祈りによって黒ずんだ壁に集い、頭を垂れる人々がいる。共和政ローマ末期からローマ帝国初期にユダヤ王国を統治したヘロデ大王は、クレオパトラとの対立を解決した後、エルサレム神殿を改築し、紀元前19年ごろになって大宮殿を拡張する。

現存する神殿の丘では、大掛かりな土木工事が行われた。このとき、造成された西側の土留め壁が現在の嘆きの壁である。その50年後、イエス・キリストは属州総督ポンティウス・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン