/

この記事は会員限定です

記憶の空間(1) 丹下健三「広島平和記念公園」

東京大学教授 羽藤英二

[有料会員限定]

人は傷つき、痛みの中で苦悩する。しかし、忘れてしまう生き物だ。記憶を喪(うしな)う必然を前に、忘れたい記憶と忘れてはいけない記憶の器としての空間は、社会に何をもたらし得るだろうか?

太平洋戦争の敗戦から4年後、広島平和記念公園と記念館の設計コンペが開催される。145件の応募案のなかから1等に選ばれたのは丹下健三たちの提案だった。

広島の原爆投下同日、瀬戸内海をはさんだ対岸の今治大空襲で母を亡くし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン