コピーライターほぼ全史 東京コピーライターズクラブ編 広告界の熱気を伝える列伝

2019/7/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大正から昭和にかけて、新聞や雑誌の広告が賑(にぎ)わいをみせ始めた頃、そのデザインを担当する図案家やコピーを考える文案家たちの活躍も目立ってくる。当時から、文案家たちによる団体結成の動きはあったが、実現したのは第2次世界大戦後のことだ。

本書を企画・編集した「東京コピーライターズクラブ(TCC)」は、1962年に発足している。一足先に業界団体を立ち上げたデザイナー(ないしアートディレクター)たち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]