/

この記事は会員限定です

日本経済研究センター2060年経済予測 米中、GDP拮抗 日本5位に

猿山純夫 首席研究員/田原健吾 主任研究員

[有料会員限定]
ポイント
○人口減・高齢化でも無形資産が成長源に
○健全な競争へデジタルデータの共有カギ
○格差放置で保護主義強まれば「大停滞」も

世界の時価総額上位を米中の情報技術(IT)企業が独占するなど、デジタル技術がビジネスのカギを握っている。デジタル経済で先頭を走る米国は自国第一主義を先鋭化させ、追い上げる中国と対決姿勢を強めている。世界が激動する中で主要国経済が長期的にどんな軌道をたどり、日本経済が活力を保つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン