転機迎えた金融政策 背水の中央銀行(複眼) ドナルド・コーン氏/イザベル・シュナーベル氏/鈴木敏之氏

時論・創論・複眼
2019/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界経済の先行き不透明感が増し、主要国の金融政策が転機に差し掛かっている。米連邦準備理事会(FRB)は来週、10年ぶりの利下げに踏み切ることが確実視される。取りうる手段が限られる中、中央銀行と政治の間合いや目標の立て方などの論点も絡む。超緩和政策の先行きを占う。

◇   ◇

■リスク管理、利下げ断行 FRB元副議長 ドナルド・コーン氏

FRBは7月30~31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]