/

春秋

1964年の東京五輪のとき、官民挙げての清掃キャンペーンが繰り広げられた。「首都美化はオリンピックの一種目」。こんな標語のもと、みんなせっせと道路を掃き、ごみ拾いに励んだという。横町の暮らしにもいろいろ影響を与えた、悲願の国家イベントである。

▼東京のいたるところでビルや道路の突貫工事が進み、江戸以来の面影を失っていったのもこのころだ。関東大震災でも戦災でも生き残った風物が、オリンピックで完全に消滅したといわれる。どうやら五輪というものは、日本人をどっと一方向に駆り立てるらしい。こんどの大会もそういう威力を多分に受け継いでいよう。

▼開幕まで、ちょうどあと1年。将来の負担は横に置き、やはり突貫工事で造った競技場などは完成間近だ。さあいよいよ本番。となれば、これからは交通規制だ、警備だとさまざまな協力が都民、国民に求められるに違いない。祭典を成功させたいのはやまやまだが、五輪を錦の御旗みたいに掲げた無理無体は勘弁願おう。

▼そもそもこのイベントはとても図体が大きいから、人々の我慢なしには開けない。それでも前回のような時代ならともかく、令和の日本は成熟国家である。なるべく自然体でことを運んでほしいものだ。「首都美化」は往時とは比べられぬほど進んだ。いま必要なのは、オープンでスマートな大会運営の美しさではないか。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません