みづゑのかがやき十選(7) 岸田劉生「麗子微笑之立像」
茨城県近代美術館美術課長 山口和子

美の十選
2019/7/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

明治の水彩画ブームは大正期に入ると衰退していく。大正2年(1913年)に日本水彩画会が創設されたり、水彩画家として活躍する若手も登場したりはするものの、いわゆる水彩画界としては全般的な不振に陥っていた。

その一方「大正期の個性派」といわれる画家たちが、水彩画にも秀作を残していることは注目される。彼らは自己の造形を追究していく中、油彩・水彩それぞれの特性を生かして作品を描いた。岸田劉生もそのひとり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]