/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(21)父の死

張り合いなくし心に穴 迷った末、死に目に会えず後悔

[有料会員限定]

1993年4月29日、母・ナミ子が心筋梗塞で亡くなった。65歳。私が父の意に反することをすれば「おまえの教育が悪い」と怒鳴られ、たたかれる姿も嫌というほど見てきた。子どものためにずっと耐え苦労してばかり。試合中の私は桐生にとんぼ返りで葬儀に出たが「おふくろ、これでやっと楽になれるな」と思い、なぜか涙は出なかった。

9月の全日空オープン(札幌GC由仁)で勝つと、新聞には「母にささげる優勝」と書かれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン