/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(19)ベストマッチ

小樽 4打差から逆転V 「コースと勝負」意識、会心の一打

[有料会員限定]

1990年10月の日本オープン(小樽CC)優勝は、私のプロ生活でベストマッチといっても過言ではないだろう。88年から賞金王に君臨していたジャンボの3連覇を阻止。会心の逆転劇で、3度目のゴルファー日本一に輝いた。

大会前から優勝を狙っていた。米ツアー挑戦をしていた私は北海道の洋芝が好きで、ANAオープンでは4勝している。知人も多くホームグラウンド感覚。ただ、ジャンボを倒さないと勝てないことはわかって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン