8/25 12:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

マーケットニュース

フォローする

減損損失とは 資産価値の下落を反映
きょうのことば

2019/7/19付
保存
共有
印刷
その他

▼減損損失 企業が保有する資産の価値を引き下げる会計処理に伴う損失のこと。M&A(合併・買収)によるのれんだけでなく、特許権や営業権、ソフトウエアのような目に見えない「無形固定資産」、工場や土地など固定資産が対象になる。そうした資産の利用価値や収益性が大きく低下した場合、実態に見合う水準まで貸借対照表(バランスシート)に計上している額を引き下げる。

国境を越えた買収案件の増加に伴い、日本企業でも巨額の減損損失を計上するケースが増えている。日本郵政は2015年にオーストラリアの物流大手トール・ホールディングスを買収したものの、協業による相乗効果を高められず17年3月期に約4000億円の減損損失を計上。300億円弱の最終赤字に転落した。商社などでも減損を出す事例は多い。

のれんの減損損失をどう処理するかは会計基準で違いがある。日本基準では最長20年かけて定期償却し、毎年費用として計上する。特定の年度に損失が偏るのを避ける考えがベースにある。一方、国際会計基準(IFRS)や米国会計基準は毎年実施する「減損テスト」を通して、減損が必要かどうかを判断する。

【関連記事】
M&A減損、世界で16兆円 金融危機後で最大
M&A 割高感強まる 価格水準「危機前」超える
野村10年ぶり赤字 不採算構造を温存、構造改革に遅れ
みずほシステム減損 刷新、後手に回ったツケ
国際基準でM&A「のれん」償却、欧米の慎重論強く

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム