/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(18)スイング改造

野球ヒントに「メタル打法」 90年は3勝、トンネル抜け出す

[有料会員限定]

昔はボールは貴重品だった。打球が林などOBゾーンに飛び込んだら2、3個は拾って戻ったし、池に入っても手が届けば必ずすくい上げてきた。1972年の全日本パブリック選手権で優勝したとき、練習ラウンドは「ダンロップ65」、本番の勝負球はチョコレートのような茶色い紙に包まれた「マックスフライ」だった。

米ツアーを転戦していた頃はホテルの部屋に戻ると真っ先に洗面所にクラブを並べ、キャディーバッグをひっくり返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン