舟こぎ一筋、脇役の誇り 時代劇支える職人技
女優・梶芽衣子さんも太鼓判のテクニック 平井靖

カバーストーリー
2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

時代劇で半世紀にわたり舟こぎ役を担ってきた大部屋俳優がいる。「必殺仕事人」や「鬼平犯科帳」など数々の人気作に出演し、不安定な小舟を巧みに操ってきた平井靖氏。共演者も太鼓判を押す職人芸で、脇から時代劇を支えている。

市川雷蔵、市川右太衛門、中村錦之助(萬屋錦之介)、勝新太郎……。子どものころから、銀幕のスターたちに憧れていた。1960年に時代劇の世界に入った。京都の俳優養成所で乗馬や殺陣など、時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]