/

この記事は会員限定です

データ駆動社会の展望(中) 半導体、設計思想の変革を

平本俊郎 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○データ利活用を支える基盤技術が半導体
○微細化と3次元積層でムーアの法則維持
○低消費電力と劇的なコストダウンが鍵に

データが社会の主役に躍り出た。今や、多種多様のデータが私たちの知らないところで自動的に様々な技術によって収集されている。データが駆動する社会では、これらのデータを総合的に分析・可視化して、個人や企業が将来予測や意思決定に利活用することになる。すなわち、データにこそ価値の源泉が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2652文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません