最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,618.57 -58.65
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,570 -90

[PR]

投資番付

フォローする

業績の上振れ余地が大きい2月期企業 外食・アパレルが上位
日本株番付

2019/7/17付
保存
共有
印刷
その他

小売りや外食業が多い2月期企業の2019年3~5月期決算が出そろった。世界的な景気減速で消費マインドや訪日客消費に陰りがでるなか、通期業績の上振れ余地が大きい企業はどこかを探った。

12日時点で時価総額が500億円以上の企業を対象に、3~5月の営業利益の2月通期予想に対する進捗率を調べた。下方修正した企業は除外した。

1位は牛丼店「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスだった。3月に発売した牛丼の新サイズ「超特盛」が好調で、3~5月期の連結営業利益は10億円と黒字に転換した。通期業績見通しを既に上ぶれているが、10月の消費増税後の反動減を予想して保守的に見ているという。外食業では「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋も主力商品の値上げで利益を増やし10位に入った。

小売りではアパレル関連が上位を占めた。4位のアダストリアは「グローバルワーク」などの基幹ブランドが好調で、3~5月の既存店売上高は前年同期に比べ10%増えた。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム