/

この記事は会員限定です

みづゑのかがやき十選(1) 五百城文哉「日光陽明門」

茨城県近代美術館美術課長 山口和子

[有料会員限定]

幕末から明治初頭に受容が始まり、明治30年代後半に大ブームとなった水彩画(みづゑ)。昭和初期に至るまでのその展開を、多様な作品とともに辿(たど)ってみよう。

この作品に描かれている場所を知らない人はまずいないだろうが、作者の五百城文哉(いおきぶんさい)を知っていたら、なかなかの美術通だ。

文哉は幕末に水戸で生まれ、上京後、日本洋画の先覚者である高橋由一に学んだ。博覧会等への出品、各地への旅行を経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン