/

この記事は会員限定です

「追われる国」の経済学 リチャード・クー著

停滞する日本 現状に処方箋

[有料会員限定]

かつて日本経済の病状を「バランスシート不況」と呼び、そのメカニズムと処方箋を論じた著者の最新作である。バブル崩壊後の日本経済では、巨額な損失を被った借り手企業が、財務の健全性を取り戻すべく、債務の最小化を迫られた。その結果、中央銀行がいくら金融を緩和しても借り手が不足し、経済が縮小均衡に陥った。当時の日本では、企業の過剰債務の解消が、長期停滞から脱却するための喫緊の課題であった。

リーマン・ショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン