気候変動と生物多様性 「100万種絶滅」の重さ理解を
香坂玲 名古屋大学教授

2019/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○花粉媒介動物の減少が農業生産にも影響
○有機産品の積極的活用は環境保全に寄与
○日本全体で科学と政策の双方での貢献を

「海の日」の今日、子どもや孫と過ごされる方も多いのではないだろうか。この機会に、将来世代の地球に思いをはせ、この世界の持続可能性を考えてみてはどうだろう。その際、温暖化の影響で行き場を失うシロクマやペンギン、ストローが鼻に刺さったウミガメに象徴されるような気候変動や廃棄物の問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]