マイゴルフ

フォローする

日本オープン プロ8年目のツアー初優勝
稲森佑貴(6)

2019/7/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

シード選手になって、周りから「近いうちに勝てるよ」と言われ好機を逃し続けても、焦らずプレーすることを心がけていた。そんな僕に、一番の刺激になったのは九州勢の初Vラッシュとなった昨年の8月、同郷の出水田大二郎選手のKBCオーガスタ優勝だった。年齢は彼が上だが、プロ入り同期。シード入りでは先んじていたから、うれしい半面「抜かされちゃった」と悔しさもあった。5月の日本プロでは18番で3メートル弱のバー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
クラブはオーバーラッピングで握る

 2007年7月、愛知CCで開かれた第92回日本アマ選手権はいつもと違った。日本アマ百年の歴史で初めて地上波のテレビ中継が入った。その年の5月、男子ツアーを15歳で優勝した石川遼君が出場するとあって「 …続き (10/11)

勝ちに不思議の勝ちあり、とは言うけれど

 4位で終えた9月の日本シニアオープン。首位の谷口徹選手と6打差4位で最終日を迎えるにあたり、取材で囲んでくれたメディアに「6打差というのは験がいいんですよ」と言い残した。

 ゴルフの勝負は何が起こるか …続き (10/4)

ファンケルではプレーオフにもつれる激闘を演じた

 49歳でプロ入りした時、黄色靱帯骨化症と診断された。若いプロ野球選手が引退に追い込まれることもある難病。肩甲骨の裏あたりにできた小さな出っ張りが神経を圧迫し、背中が痛んだ。その部分は手術で取り除いた …続き (9/27)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]