統計不正に何を学ぶか 質向上、対話と作り込みカギ
西村清彦 政策研究大学院大学特別教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2019/7/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○「政府統計は国のインフラ」を基本理念に
○不断の統計改革通じ政府全体の統治機能
○民と官を融合したデータベース構築急務

道路や橋は一国の経済社会活動を支える社会インフラであり、政府統計は国の経済社会活動の状況を映し出し、様々な情報を活用可能にする情報インフラだ。インフラの劣化で、道路や橋が通行不能になる形で目に見えたときには国民生活に重大な支障をもたらす。

2018年12月に明るみに出た厚生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]