/

この記事は会員限定です

統計不正に何を学ぶか 質向上、対話と作り込みカギ

西村清彦 政策研究大学院大学特別教授

[有料会員限定]
ポイント
○「政府統計は国のインフラ」を基本理念に
○不断の統計改革通じ政府全体の統治機能
○民と官を融合したデータベース構築急務

道路や橋は一国の経済社会活動を支える社会インフラであり、政府統計は国の経済社会活動の状況を映し出し、様々な情報を活用可能にする情報インフラだ。インフラの劣化で、道路や橋が通行不能になる形で目に見えたときには国民生活に重大な支障をもたらす。

2018年12月に明るみに出た厚生労...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン