/

この記事は会員限定です

投資家が人材戦略を鍛える

上級論説委員 水野裕司

[有料会員限定]

「松下電器は人をつくるところです。あわせて電気器具もつくっています」。現パナソニックの創業者、松下幸之助氏の語録のひとつだ。「物をつくる前に人をつくる」というこの理念は多くの日本企業に受け入れられた。「企業は人なり」はいまも経営者の標語になっている。

問題は人材重視の経営が、言葉だけに終わらず実態を伴っているかどうかだ。松下氏存命の1980年代までと違い、投資家の目は厳しさを増している。人材の育成・活用の戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン