/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(9)メジャー初挑戦

13番で「13」大たたき記録 屈辱、「井の中の蛙」と痛感

[有料会員限定]

デビューした1976年の賞金ランク17位から、2年目は5位に上がった。23歳の若さでの活躍が評価されたのだろう。招待状が届き、78年のマスターズ・トーナメントに海外メジャー初挑戦することになった。誰もが憧れる大舞台だ。父も私も小躍りした。

米ツアーに出るのは初めてではなかった。前年の日本プロ優勝後、ミズノと契約していたジョニー・ミラーの指名を受け、米フロリダのダブルス戦に出場、いい働きをしていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン