/

この記事は会員限定です

J・ジルベルトさんを悼む 孤高貫いたボサノバの父

霊感にあふれた音楽創造 中原仁

[有料会員限定]

6日に88歳で世を去ったブラジルの歌手でギタリストのジョアン・ジルベルトさん。彼がいなければ、ブラジル生まれの音楽「ボサノバ」が半世紀以上にわたって世界中で愛される日々は来なかっただろう。

ジョアンは1950年代後半、1本のギターでサンバのリズムを表現し、そこに洗練されたハーモニーを彩色した。さらに耳元で囁(ささや)きかけるような繊細な歌声と節回しを通じ、新たな音楽の表現を確立した。

その独創性に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン