/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(7)プロ転向

デビュー戦 妻との出会い 42位、甘く見ていた自分戒め

[有料会員限定]

74年日本オープンのローアマでひと区切りをつけ、父に「プロになりたい」と訴えた。わが家では経済的に限界だと感じたからだ。父にすれば、アマとしてプロの試合に勝ってほしかっただろう。ちょっと寂しそうに「わかった」とうなずいた。

年内にプロ転向を表明。翌年5月のプロテスト(茨城・セントラルGC)では5アンダーのトップで難なく合格、尾崎健夫選手ら同期生は「七人の侍」と言われた。当日は尾崎将司選手が「スーパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン