/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(8)初優勝

1日3000発 実った猛練習 2年目で結婚、日本プロ制覇

[有料会員限定]

プロデビュー年でとにかく勝たなきゃいけない、優勝するのは、自分の使命だと思っていた。シーズンオフには2時間で1000発という猛練習を重ねていた。ティーに次々ボールを乗せてもらい、20~30球連続で打つと1、2分休んでまた打つ。その繰り返し。午前中に2回、午後に2、3回行い、1日3000発くらいは打っただろう。試合もあるので毎日というわけではないが、17歳から1日3000発以上、ボールを打っていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン