/

この記事は会員限定です

日本のグローカルアート十選(6) 北大路魯山人「於里辺篭花入」

武蔵野美術大学教授 新見隆

[有料会員限定]

「天上天下唯我独尊」の書で知られた北大路魯山人はお茶の宣伝やグルメ漫画のモデルになり、今や、美食日本の元祖のようだ。

京都は八坂神社前、祇園の表通りに、ひっそりとたたずむミュージアムがある。異端の日本画家、村上華岳を中心に今日、真の「コレクション(一個人の美意識で貫かれた収集)」を目の当たりにできる、何必館・京都現代美術館だ。

館長の梶川芳友さんは、「魯山人は、わがままだったのでない。本当に真面目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン