/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(5)アマ時代

「ゴルフで生きていけたら」 72年に初のプロ試合、見えた道

[有料会員限定]

リベンジを期した高1の全日本ジュニアは3位。上の2人は上級生だから、階段を着実に上っている気持ちがあったが、父は「なぜ勝てなかったんだ」と言って、どんどんプレッシャーをかけてきた。

私にとって、全日本ジュニアはビッグイベント。そこで、アマチュア日本一を争う「日本アマ」という大きな試合があるのを知った。ふつうは、日本ゴルフ協会加盟コースのメンバーになってハンディキャップを取得、予選大会に出るのだが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン