働き方改革と生産性向上 従業員の理解、業績に直結
鶴光太郎 慶応義塾大学教授

2019/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○労働時間適正化と人材流動化で利益改善
○働き方改革は従業員のやりがいに好影響
○テレワークは全従業員の利用確保が重要

日本経済新聞グループでは、多様で柔軟な働き方やイノベーション(技術革新)を通じた企業の生産性向上を後押しするため、「日経スマートワーク」プロジェクトを2017年から推進してきた。その一環として学識経験者らが参画した「スマートワーク経営研究会」が19年7月に最終報告として「働き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]