/

この記事は会員限定です

中嶋常幸(3)ゴルフに熱中

父が手ほどき 楽しい時間 「天才少年」地元では有名人

[有料会員限定]

1957年のワールドカップ(埼玉・霞ケ関CC)で中村寅吉さんが個人・団体優勝を果たし、第1次ゴルフブームが巻き起こった。数年後には地方にも波及。"発明"好きな父・巌は、ボールが自動的に出る練習器具までつくった。

自宅の庭先にネットを張り、試打する姿を見て興味を覚え、留守の時に3番アイアンでボールをひっぱたいていた。いつの間にか家に戻った父に怒られるかと思ったら「やってみるか?」。小学4年の私は即座...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中嶋常幸

プロゴルファーの中嶋常幸さんはマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの海外メジャー4大会全てでトップ10入りしています。厳しい父親の教育を交えながらゴルフ人生をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン