日本のグローカルアート十選(2) 香月泰男「サーカス」
武蔵野美術大学教授 新見隆

美の十選
2019/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

香月泰男はシベリア抑留を題材にした、重く悲しい、人間の感情の底の底に届く、染み入るような絵画で有名だ。天国の死者たちを偲(しの)ぶような、幻を出現させる異界とこの世の境目を描いた。

シベリアから引き揚げ、郷里に戻ると息抜きとは思えない、楽しげで軽やかで、子供の頃に戻ったようなすてきな玩具を制作した。

山口県というと明治維新や政治家のイメージがどうしても強くなるが、日本を変えたのは世にいう偉人や政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]