/

この記事は会員限定です

資本主義と闘った男 佐々木実著

異彩放つ戦後経済学の巨人

[有料会員限定]

私が大学生の頃、セミナーの張り紙を見て、まだ見ぬ大経済学者の謦咳(けいがい)に接したいと心躍らせた。教室に現れたのは、はげ頭で白鬚(しらひげ)をたらした異形の巨人だった。その人物なら先ほど見かけたばかりだ。両脇に段ボールを抱え、構内を闊歩(かっぽ)していたのだ。当時の京都大学では見慣れた光景だったが、路上生活者が寝床を探しているのかと思った。頭が混乱する中、浮世離れした仙人はおもむろに通俗ケインズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン