/

この記事は会員限定です

真田紐に織り込む暗号 技で偽造を防ぐ

ひそかに引き継いできた伝統 和田伊三男

[有料会員限定]

2016年に、NHKの大河ドラマ「真田丸」にも登場したこともあり、「真田紐(さなだひも)」という名前を知る人は多い。しかし、一体どんなものなのか説明できる人はほとんどいない。私の家は戦国時代から真田紐を15代にわたり作り続けてきた。

◇  ◇  ◇

強度抜群、難しい織り

真田紐は織り機を使い縦糸と横糸を織る織物だ。幅は狭いもので6ミリ程度だが強度は抜群だ。通常に比べ、倍以上の縦糸を使用、横糸も数本の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン