/

この記事は会員限定です

石原信雄(25)コメ市場開放

農水次官、国益計る大局観 大蔵省は「国民福祉税」勇み足

[有料会員限定]

細川内閣が重い決断を強いられたのがコメの市場開放問題である。貿易自由化を話し合うガットのウルグアイ・ラウンドは1991年(平成3年)12月に「例外なき関税化」を打ち出し、日本は93年中にコメの関税化を受け入れるよう迫られていた。

背景にはカリフォルニア米を輸出したい米国の強い圧力があった。だが関税化は全面的な輸入自由化につながるとして農林族議員は「一粒たりとも輸入は認めない」と強硬に反対、農水省は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン