/

この記事は会員限定です

石原信雄(24)非自民政権

小選挙区制 自民案丸のみ 二大政党制に道開く

[有料会員限定]

1993年(平成5年)8月6日、日本新党の細川護熙代表が総理大臣に指名された。自民党を出た新生党の小沢一郎代表幹事が主導した8党派の非自民連立政権である。この間の政治の動きに首相官邸は一切タッチしていない。細川総理は熊本県知事だったので存じ上げていた。

私は官房副長官が5年半を超え、退くつもりでいた。自治省の後輩で官房長官になる武村正義君が「寄り合い所帯で不慣れなので残ってほしい」と頼みにきたが「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン