中国との絆重視 マレーシア転換 シャンカラン・ナンビア氏
マレーシア経済研究所シニア・リサーチ・フェロー

2019/6/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

マレーシアのマハティール首相が2018年5月に就任した当時、中国と距離を置くのは明白に思われた。しかし就任から1年を経て、マハティール氏は中国との絆を重視する姿勢に転換した。

マハティール氏は中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)について、次世代通信規格「5G」の導入を巡り製品を排除する米国などとは一線を画す方針を示した。「米国は、いつまでも優越した国ではないという事実を受け入れるべきだ」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]