ホモ・サピエンスの15万年 古澤拓郎著 差異ある人間 連続体と理解

2019/6/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本書の著者・古澤拓郎は、南太平洋のソロモン諸島で長年調査をおこなってきた人類生態学者である。本書では、地域研究の知見をベースに、遺伝学、保健学、生理学、人口学、経済学の研究データが有機的に結びつけられ、紹介されている。

現代社会における経済格差の問題を取り上げるとき、しばしば「狩猟採集は格差がない平等社会で、農耕牧畜の誕生以降、富の不均衡が生じた」とされる。この考え方は、ジャン・ジャック・ルソー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]