/

この記事は会員限定です

石原信雄(22)PKO協力法

自衛隊の海外派遣に道 天皇の訪中 初めて実現

[有料会員限定]

宮沢内閣は1991年(平成3年)11月5日に発足した。その直前、宮沢喜一総理大臣に呼ばれ、加藤紘一官房長官、近藤元次官房副長官とコメの市場開放問題を協議した。国際派の総理は「最後は悪者にならざるをえない」と腹を決めていた。結果的に決断する場面はなかったが、一番の悩みだと感じた。

当面の課題は自衛隊の海外派遣に道を開く法整備である。湾岸危機では国連平和協力法案が廃案になっていた。その反省からスイスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン