/

この記事は会員限定です

石原信雄(20)湾岸戦争

感謝されなかった130億ドル 人的貢献、重い課題に

[有料会員限定]

日米構造協議の決着からひと月あまりたった1990年(平成2年)8月2日、イラクがクウェートに侵攻した。軽井沢にいた海部俊樹総理大臣は首相官邸に戻り、イラクへの経済制裁を国連より1日早く決めた。ブッシュ米大統領が電話で謝意を伝えてきた。ここまではよかった。

6日、米国がサウジアラビアに多国籍軍の派遣を決め、国際紛争の解決に日本がどう貢献するかが課題になった。

まず物資協力を検討し、援助物資の輸送を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

石原信雄

内閣官房副長官として昭和から平成にかけて7人の首相に仕えた石原信雄さん。竹下登内閣では消費税導入、昭和天皇の崩御と改元に立ち会いました。「私の履歴書」では、幼少期からの足跡をたどります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン