/

この記事は会員限定です

医療に費用対効果の視点(下) 評価対象、適用の拡大を

井伊雅子 一橋大学教授/中村良太 一橋大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○医療技術評価は医療費削減目的ではない
○国民や医療制度の利益見据えた診療必要
○保健医療のあり方見直す機会として活用

「社会保障の充実」とは何か。予算を増やせば社会保障は充実するのか。社会保障の充実には、国民が満足する「良い医療を提供する」ことも重要な要素だ。では「良い医療」とは何か。贅(ぜい)をつくしたものを良い医療と考えている人がまだ多いのではないか。高度医療機器での検査や診断をして、新薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2515文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン