2019年8月23日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.83 +82.82
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,680 +60

[PR]

投資番付

フォローする

配当利回りが高い銘柄は 「物言う株主」の投資先上位
日本株番付

2019/6/19付
保存
共有
印刷
その他

企業が投資家の意向をくみ取り株主還元を強化している。東証1部上場で時価総額500億円以上の銘柄(金融除く)を調べると、配当利回り1、2位には「物言う株主」が一時期株式の保有を増やした銘柄が並んだ。

1位のマクセルホールディングスは20年3月期の1株当たり配当を前期比8倍の286円にする。このうち6月末時点の株主(権利付き最終売買日は25日)には250円を還元する。2位の新明和工業も、20年3月期は前期比42円増の87円の配当を実施する予定だ。

マクセルHDと新明和はともに、物言う株主として知られる旧村上ファンド系の投資家が一時期株を買い増した。その後両社とも増配や自社株買いの実施決定など株主還元を強化した。

それ以外の銘柄でも、低金利が続く環境では「内部留保を積むより還元した方が市場の評価が高い」(国内証券)ことから還元強化が目立つ。6位のソフトバンク(SB)の20年3月期は実質的に10円増配。18年12月の上場時に5%だった配当利回りは6%まで上昇している。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。