米通商代表部(USTR)とは 大統領直属で貿易交渉担当
きょうのことば

2019/6/18付
保存
共有
印刷
その他

▼米通商代表部(USTR) 多国間の貿易交渉や海外への直接投資など米国の通商政策全般を担当する。通商代表は大統領直属の閣僚級扱いで、世界貿易機関(WTO)や経済協力開発機構(OECD)などでも米国を代表して通商交渉を行う。米国が一方的に不公正貿易国を認定して制裁を科す「スーパー301条」なども所管する。

1963年にケネディ米大統領(当時)が米経済に占める貿易の重要性が高まったと判断し、大統領令で前身の通商交渉特別代表部(STR)を設置した。特定分野を代表する既存の省庁とは異なり、中立的に通商政策を決められる機関としての役割が期待されていた。74年の通商法で大統領直属の機関に格上げし、80年に現在の名称に変わった。

スマートフォンや衣料など中国からの輸入品約3000億ドル(約33兆円)分が対象の制裁関税第4弾を巡り、企業や団体から意見を聞く公聴会を17~25日に開く。USTRは結果を踏まえ、発動の是非や対象品目を最終判断する。

【関連記事】
対中関税第4弾で「値上げ不可避」 米企業相次ぎ反対
対中関税第4弾の公聴会開始 米企業、適用除外求める
日米貿易交渉「参院選後に成果」
新冷戦下で無力化するG20の憂鬱
「モグラたたき」の米通商政策
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]