2019年8月21日(水)

ホルムズ海峡とは エネルギー供給の大動脈
きょうのことば

イラン緊迫
中東・アフリカ
2019/6/15付
保存
共有
印刷
その他

▼ホルムズ海峡 イランやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)などの産油国が面するペルシャ湾とオマーン湾の間に位置する。原油と石油製品を合わせて日量約1700万バレルが行き交うエネルギー供給の大動脈だ。タンカーはS字型に曲がった航路を何度も舵(かじ)を切りながら進む必要があり、航行の難所とされる。1日平均14隻が通過する混雑海域でもある。

イランやサウジなど、中東地域の大国に近いという地理的な特徴から、ホルムズ海峡は過去にも攻撃の脅威にさらされてきた。2010年7月には、商船三井が運航するタンカーが爆発し、アルカイダ系の武装組織が犯行声明を出した。トランプ米政権によるイラン産原油の禁輸措置に反発して、4月にはイランの革命防衛隊がホルムズ海峡の封鎖を警告した。

仮に海峡が封鎖されれば、世界のエネルギー市場に深刻な影響をもたらす。日本は原油輸入の8~9割を中東に頼っており、ほとんどがホルムズ海峡を通って日本に運ばれる。安全な航行は日本のエネルギー政策にとっても極めて重要な意味を持つ。

【関連記事】
タンカー攻撃、見えぬ背景 中東依存のエネ政策に警鐘
タンカー攻撃、原油価格急伸 中東産停滞ならアジア直撃
米軍「イラン、米無人機にミサイル発射」 タンカー周辺
タンカー映像公開で高まる緊張 米、イラン関与と非難
米、タンカー攻撃「イランに責任」 イランは関与否定

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。