流言のメディア史 佐藤卓己著 曖昧な情報 直視する必要性

2019/6/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「フェイク・ニュース」にあふれる時代である。根拠を欠いた憶測(おくそく)や恣意的な事実認識は、SNS上で多く見られる。2016年の米大統領選でも、それは顕著だった。

だが、こうした状況は目新しいものなのだろうか。新聞やラジオといった「オールド・メディア」は、流言とどう関わってきたのか。メディア史家の著者は、アメリカの「火星人来襲パニック」(1938年)の神話から、関東大震災、二・二六事件、第五福…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]