/

この記事は会員限定です

庭とエスキース 奥山淳志著

写真・文章で紡ぐ他者の人生

[有料会員限定]

「他者」にカメラを向けて撮影する――それはプロ写真家に限らず、誰もが日常的におこなっている行為である。だがそれが一回限りではなく、繰り返し長年にわたって続けられたならば、自(おの)ずと違う意味が生まれてくるのではないだろうか。そこには「他者」の人生がいや応なしに写り込み、被写体となる人物の記憶や体験と自分のそれとが、分かち難く感じられるようになるからだ。奥山淳志の『庭とエスキース』には、まさにそん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン